バックナンバー

スポンサーサイト

--.--.--(--) | EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

宝塚記念。

2014.06.29(Sun) | EDIT

前半最後のGI宝塚です!

◎ウインバリアシオン
上がりの脚、距離実績から。
なにより2人気になったのがプラス。
これでハーツクライ勝利目前か。
○ホッコーブレーヴ
父が勝利したレースだけにもらいたい。
実力的には足りない分、内枠を活かしたい。
上がりの脚もウインバリアシオンに負けてない。
▲デニムアンドルビー
こちらも上がりの脚がすごいが、
56kgがどう響くか・・・
それでも内枠に入ったのは怖い。
★ジェンティルドンナ
当然先行して押し切るところを見たいですが、
ここは勝ち切れないイメージがある。
非根幹距離だけに。
△フェイムゲーム
血統が抜群。
牝系が最高で、これで実力も伴えば勝ち負けですが。
注ゴールドシップ
今回は得意レースも、騎手乗り替わりが気がかり。
当然得意レースなら他2頭には負けないでしょうけれども・・・

馬券はワイド・3連複で!




[連携していただいているブログ様]
予想会社運営者の息抜き「1点馬券」
勝って楽しむ!負けない競馬論
スポンサーサイト

函館SS。

2014.06.22(Sun) | EDIT

先週は全くでしたが・・・
今週は函館SSで。

フォーエバーマーク
距離延長ですが、キーンランドと同様に
新潟1000からの延長。
牝馬・先行・函館得意、
さらに現在活躍しているNijinsky持ち、調教◎
父ND系2頭中の1頭で、3番人気なら美味しいかと。

相手は
ストレイトガール
1人気、実績上位で、牝馬・函館得意。
距離短縮に血統もNijinsky・Danzig・Intentと強力。
内枠で岩田騎手と問題はなさそうですが、気になるのは斤量。
56は初挑戦で、後方からでは上がりが出せない可能性も・・・
スマートオリオン
先行・高松宮からの参戦で、
Roberto・Danzig・Nijinsky・Ribot内包、函館◎
これでストレイトと同斤量なら。
穴で
ツインクルスター
牝馬・先行・サクラバクシンオー×フジキセキ
初函館、血統は◎なので能力では厳しいも3着なら
メモリアルイヤー
牝馬・先行・母父サクラバクシンオー・Nijinsky・距離短縮
能力はこちらも厳しいですが、3着で。
ローブティサージュ
牝馬・先行・距離短縮・ウォーエンブレムが面白い。
初1200ですが、阪神牝馬のパフォーマンスなら。
レオンビスティー
サクラバクシンオー×StormBird
外枠が無念ですが、非SS系で血統は◎
ヤマニンプチガトー
牝馬・Danzigのクロス
函館1200は条件戦も連対100%。

◎から穴へワイド
◎と相手から穴へ3連複




[連携していただいているブログ様]
予想会社運営者の息抜き「1点馬券」
勝って楽しむ!負けない競馬論

マーメイドS。

2014.06.15(Sun) | EDIT

前走都大路ステークス
トニービン内包
先行と差しのこの2頭
サンシャイン
シャトーブランシュ

先行内枠でプラスに働きそうなサンシャインと
Ribot内包、前2戦牡馬対決で牝馬限定のここで、
シャトーブランシュ

複勝2点で。


無念も。

2014.06.09(Mon) | EDIT

厳しい展開もダノンシャーク頑張っていました。
前総崩れでしたが、よく4着に粘ったと思います。
良馬場であの出来なら・・・
ジャスタウェイ見事勝利。
そして、調子がイマイチと思い切った
2頭にやられてしまいましたね。
なめられた実績馬に今回は見事にやられました。
人気馬は疑って人気薄は好材料で買わないと行けません・・・
無念。
馬場が不良もあって、58実績馬が上位。
三浦騎手のGIへの執念も感じられる2着でした。
ショウナンマイティもRibotのクロスを持ち
馬場は問題なく流れも来ていて、
2,3着の2頭は騎手も得意コースでしたね。
来年も実績馬には注意いたします。

今週来週はGIお休み。
妙味のある穴馬を見つけたら勝負したいと思います。

安田記念。

2014.06.08(Sun) | EDIT

雨は容赦なく降っていますね・・・
すでに馬場も不良を通り越していそうです。

この状況だと斤量の軽いミッキーアイルは
かなり有利ですが、カレンブラックヒルがそれを許すかどうか。
と入っても今日の馬場はかなり厄介。
ジャスタウェイとミッキーアイルで決まったら諦めるとして、

グランデッツァ
ワールドエース
はレコードからの立て直し不良馬場は厳しい。

レッドスパーダ
前走は良いラップ・・・ただ馬場に難ありか。

ショウナンマイティ
グランプリボス
本調子とは行かず。

エキストラエンド
サダムパテック
調教難あり。

人気を落としている
ダノンシャーク
トーセンラー

は非常に怖いと思います。
ダノンシャークは1週前から調教が良く、
休み明けも、今回の馬場は血統的に美味しいのでは。
トーセンラーは大幅距離短縮も、
この馬場でかえってうまくいく可能性も。
同厩舎のフィエロもDanzigにRibotと血統魅力。

リアルインパクトも内枠で不良の高松から
延長で阪神カップのラップなら侮れないのでは。

カレンブラックヒルのMr.Pro好枠好調教。

今週は川田騎手どうかクラレントも血統から今日の馬場で面白い。

◎ダノンシャーク
○ジャスタウェイ
▲クラレント
★フィエロ
△リアルインパクト
△カレンブラックヒル
△トーセンラー
注ミッキーアイル

枠連5⇒2・5・7
◎▲からワイド

○田騎手で◎○▲★勝負!



[連携していただいているブログ様]
予想会社運営者の息抜き「1点馬券」
勝って楽しむ!負けない競馬論

安田記念②。

2014.06.05(Thu) | EDIT

どうも週末は雨の可能性が高くなってきた上に、
かなり馬場に影響を与えることに・・・
3日連続だと不良馬も想定しなくてはいけなさそうですね。
57kで東京1600重賞好走したホエールキャプチャにとっては
恵みの雨になるかもしれませんね。

レース内容を見ていこうと思ったのですが、
今日は雨確実そうなので先に血統を見てみようかと。

雨が降ったのは98年04年・・・かなり前になりますが、
この2年血統も古くなりますが一応特徴があったので、
活躍した血統を見てみると
グレイソヴリン
Hampton系
Nijinsky
の3つが活躍。

驚きなのが、このレースはSSを持たない馬が活躍していて、
今年SSを持っていないのが、グロリアスデイズとレッドスパーダのみ。
というかディープインパクト産駒多すぎですね。

人気のジャスタウェイはハーツクライ産駒。
グレイソヴリンに牝系にはHampton系が3つも。
うーん、血統からも逆らいにくいですが・・・
雨と騎手変更で意外と2着あたりに収まりそうな気も。

前走負けで人気を落としていますが、
ダノンシャークはタイキシャトルと同じ母父カーリアン。
牝系にNeverBendも持っており、休み明けの今回侮れないのでは。

クラレントもツルマルボーイと同じダンスインザダーク産駒。
東京新聞杯ホエールキャプチャに敗れたものの3着。
58は初ですが、斤量と相性のいい血統背景でもあり魅力的かと。

ワールドエースは母父Hampton系。
3歳時は稍重以上で結果を出しておりかなりタフ。
今回人気ですが、軽視はできなさそうです。

できれば良馬場がいいのですが、
高配当の可能性を考えると妙味も増すのでなんとも・・・

あとは枠順と土曜の傾向を見極めて、
レース内容とを加味して的中に近づけたいと思います。



[連携していただいているブログ様]
予想会社運営者の息抜き「1点馬券」
勝って楽しむ!負けない競馬論

安田記念①。

2014.06.03(Tue) | EDIT

ダービーは見事に撃沈しましたが、
冷静に考えてみると、
トゥザワールドは魅力的に見えました(見せられていた?)が、
元々勝てるつもりはなかったのでは・・・

内枠を含め好条件が整っていましたが、
本当は色々と問題があった様子で、
ワンアンドオンリー・イスラボニータのカモフラージュに
なっていたようにも思えます。

逆にワンアンドオンリーは調教が問題にも見えましたが、
実際はテンに行くための練習になっていましたし、
そう考えるとかなりの好枠だったわけで・・・

問題があったであろうトゥザワールド以外の
有力視された馬がすべて外枠というのも
ワンアンドオンリーの勝利を中心に考えると納得の配置でした。
その上絶好の内有利前有利でしたしね。

まあ憶測ですが、初日のワンアンドオンリー単勝の売れ行き
レース結果を見てみるとそういった経緯があったようにも思えます。

もっと柔軟に冷静に思考を巡らせることができれば、
こういった考えも浮かんできたかもしれませんが、
まだまだ未熟者ということですね~
来年はこういった事も含めなんとか的中できるよう鍛錬をしたいと思います。

安田記念
前置きが長くなりましたが、
今週は安田記念!かなりワクワクするメンバーで今から楽しみです。
が、雨の可能性が高いようですね・・・
雨のなかですと04年稍重でツルマルボーイ
その前ですと不良馬場タイキシャトルまでさかのぼります。
できれば良馬場が良いのですが、今週は雨が続きそうですね。

騎手未定だったジャスタウェイは柴田善騎手に決定。
かなりのチャンスが回ってきましたね~
今絶好調ですし、旬のハーツクライ産駒ですからねー

ではジャスタウェイが勝つであろうという前提に、
もしこの馬に先着できる可能性(1着になる)の馬は?
と、考えた場合に簡単な判別方法として使えそうなのが
斤量実績
単純ですが、要は58k以上の実績がない馬が
いきなり勝てるほど甘くないというわけですね。
レース自体が過酷なのに厳しい斤量なわけですし、
そもそも58k経験ということはそれなりの実績もあるというわけですね。
では今年58kの実績があるのは・・・

ちなみにジャスタウェイ
天皇賞秋1着 中山記念1着と好成績
グランプリボス
12年安田記念
サダムパテック
スワンS3着
ショウナンマイティ
12年宝塚記念3着 安田記念2着
ダノンシャーク
安田記念3着 京成杯AH2着
トーセンラー
13年天皇賞春2着 宝塚記念5着 京都記念2着
ホエールキャプチャ
東京新聞杯57kで1着
リアルインパクト
富士S2着
レッドスパーダ
パラダイスS(OP)1着

上記8頭がジャスタウェイの相手としての候補です。
この中で有力なのはどの馬か。

グランプリボスは去年の安田記念がダメで、
その後振るわず、半年以上の休み明けでは厳しいか。
サダムパテックはG1の58kが全くダメで、
スワンSも頭数が少ないレースでしたので今年のメンバーでは。
レッドスパーダも近走の58重賞では全くで。
逆に高い実績なのは
ショウナンマイティ
ダノンシャーク
トーセンラー

の3頭。
次点でホエールキャプチャ
やはり東京新聞杯57kで牡馬相手に上がり2位1着は脅威。
ただし勝つとなるとかなり厳しいかと。
リアルインパクトは判断に迷うところですね・・・
1200からの延長がどうでしょうか。

ショウナンマイティは安田記念から不調気味、
トーセンラーは京王杯SC回避の経緯があるので注意が必要ですね。
ダノンシャークは前走叩きとしても勝ちきれるイメージがないのも・・・
と、いまいちこの3頭も難しいところはあるのでなんとも言えませんが、
こうなるとますますジャスタウェイが勝利候補として高いことに。

というわけで斤量実績を中心に考えると
ジャスタウェイから
トーセンラー・ダノンシャーク・ショウナンマイティ・ホエールキャプチャ
の馬連4点でOKということに。
次回はレース内容から2,3着のチャンス馬を探ってみたいと思います。



[連携していただいているブログ様]
予想会社運営者の息抜き「1点馬券」
勝って楽しむ!負けない競馬論

無念。

2014.06.01(Sun) | EDIT

嫌な予感はしたんですが・・・
皐月で本命今回切ってやられるという
よくあるパターンで消滅しました。

まさかの先行策。
そうですよね、素直に後ろに下げることはないわけで、
嫌な予感が見事に的中したわけです。

その上マイネルフロストも来たわけで、悔しい限り。
穴からワイド買わなかったのは痛かったか。
結果的に4着のタガノも実績ありだったわけで、
前走前までに成果を出せた馬で5着まで決着。

しかも1,3,4着牝系Danzig持ちと、血統メインとしては外せなかった・・・

やはり柔軟に馬券を買うべきでしたね。

しかし・・・本当に初日に行ったとおり2戦以上の実績馬7頭中5頭で決着するとは。

オークス・ダービーとハーツクライ産駒制覇。

JRAのキャンペーン商品なにか当たらないかな・・・

ダービーのまとめ。
やはり基本は前走前までにOP1着・重賞連対実績有利
前走叩きの可能性も含めてよく吟味する
血統はオークス好走馬に注目

それにしても、皐月賞を意識しすぎたのはミスでした。
ワンアンドオンリー・・・血統からは押せたものの、
トゥザワールドにとらわれすぎました。
ここで素直に本命にできるようになりたいです。

さて、魂も抜けてきたので
目黒記念はダービー好走騎手が疲れてこないので

ステラウィンドから
3・7・13にワイドで〆たいと思います。

あぁ今年もダービー外れた・・・
そして週中に言ってたとおりになってしまった悪いパターン。
気を取り直して安田記念に期待します。

ダービー。

2014.06.01(Sun) | EDIT

今日は快晴。
東京競馬場は30度オーバーで
湿度は40%以内に収まりそうですが、
なかなかハードな環境になりそうですね。

いよいよダービーです。
去年は穴狙いで撃沈。
一昨年も簡単にディープブリランテを切って撃沈。
3年前もボロボロ。
初ダービーはローズ買えず、ペルーサ買ってました。
今見返すと恥ずかしい限りですが、
自分も少しずつ成長はしてきているようで?
好調の今年はいよいよ的中となるかどうか・・・

◆ 第81回 日本ダービー ◆

トゥザワールド
4連勝の疲労が出た前走皐月賞では、
調教もやや手控え気味でした。
実績からもダービーがメインなら
皐月を落としてもダービーを取るという選択。
それでいて2着、そして3番手でのレース。
この先行力がダービーでかなり生きてくることに。
調教 皐月賞から上昇
枠順 大外から3枠
人気 1人気から2人気への負担減
馬場 コース替わりで内有利に
前走からかなり状況が好転しています。
先週オークスで勝利したヌーヴォレコルトの母父Nureyev。
そのクロスをもつ点もプラス。
あとは川田騎手がしっかりイスラボニータよりアドバンテージが
出るような位置取りでしっかりレースをしてくれるなら、
結果はついてくるはずです。
ディープ・オルフェと同枠をもらい、
キングカメハメハ産駒としてダービー制覇が使命ですね。

イスラボニータ
かなり迷ったのですが、他に安定感がある馬がいなかったので、
結果的にこの位置づけになりました。
明らかに前走時より疲労か何かの影響を感じる調教。
初の二桁馬番、そしてトゥザワールドの好転。
もしかしての推測ですが、ダービーよりも皐月賞だったのでは。
それでも、この馬の能力の高さ完成度は侮れませんし、
前走の位置取りからもワンアンドオンリーより後ろになるとは思えません。
何より得意な東京ですし、社台代表(白老生産ですが)ですので。

ハギノハイブリッド
社台生産の隠れ本命?か。
前走は圧勝で、ウインフルブルームの離脱で
メリットを受けるであろう1頭。
ウィリアムズ騎手がある程度前に進めてくれるなら面白い。
実績不足ですが、調教もしっかりやっていて
血統もNDが弱いもののタニノギムレット×トニービンを発揮するには
ダービーは魅力的な舞台になるのでは。
騎手が変更しまくりなのも逆に面白いところ。

ワールドインパクト
大外になってしまったものの、
血統が魅力で牝系Nureyevにネオユニヴァースの母父
Krisを持ち(エイシンフラッシュも同位置にあり)それが
オークス3着のバウンスシャッセ母父Sharpen Upと同系。
さらにLyphardのクロスとかなりダービー向け血統に。
この枠でも内田騎手ならヴィルシーナのような騎乗になると思うので、
ウインフルブルーム回避でアドバンテージが生まれました。
実績不足ですが、連対率100%は魅力的。

マイネルフロスト
毎日杯勝利でダービー確実になったことにより、
前走を青葉賞先行で試走。
さらに同じ枠におさまり、3着狙いならありえるのでは。
牝系RobertoにDanzigのクロス、調教をみても来たら美味しい1頭。

トーセンスターダム
枠騎手から外を回すことになるとは思いますが、
スタート後もしかしての位置取りなら面白い存在。

レッドリヴェール
馬体重次第。
もし万全だとしても勝ち負けとは思えないけれど。

アドマイヤデウス
ウインフルブルームに勝利あり、内枠には入れたのは大きい。
実力不足ではありますが、前走の位置取りは悪くなく
岩田騎手がうまく内でためられるなら3着狙いで。

前回狙って今回狙わないと怖いワンアンドオンリー。
ただ、前走より明らかに条件が後退していて・・・
位置取りも後ろ過ぎで、またも1枠は厳しい。
二の舞いとは行かないでしょうけれども、
今回メンバー強化で順位を上げるのは難しいのでは。

馬券は
◎単勝
◎⇒○▲★馬連
◎⇒△ワイド

3連はパドック出てから追加で購入します。



[連携していただいているブログ様]
予想会社運営者の息抜き「1点馬券」
勝って楽しむ!負けない競馬論

プロフィール

あす

Author:あす
2010年競馬スタート
素人予想6年目

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。