バックナンバー

スポンサーサイト

--.--.--(--) | EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

というわけで。

2015.05.31(Sun) | EDIT

反省せずに突き進むと落ちていくので・・・

とりあえずダービーは点数増やし過ぎでしたね。
大きなレースですが、しっかり絞るコンセプトは
崩してはいけないということですね。

基本点数が絞れない場合は無理をしないが正解でした。

逆に目黒記念はチャンスをものに出来ないパターン。
これだと思った穴馬を変えるのは体に良くないですね。
素直に内有力馬に流しておけばよかっただけでした。

来週から気持ちを切り替えて、
まず5頭以内に絞る。
できない場合は軸から5頭へワイド等
点数を減らす方向で狙いを定める。
迷う、減らせないレースはリスクが高いので避ける。
その点からも、今週狙うべきだったのは
ダービーではなく目黒記念だったというわけですね。
最近はついつい気持ちが高ぶっていましたが、
冷静になれるよう気をつけたいと思います。

この悔しさをしっかり次に繋げたいですね。

来週は安田記念。

中心はやはりヴァンセンヌ。
福永騎手、今週みたいなドゥラメンテの後ろなんてなしですよw
この馬同コースで58kgで好走しているのもプラス。
何より東京得意ですからね。

穴で狙うならクラレントか。
去年は惨敗でしたが、今年は高斤量経験をしていますし、
近走負けていますが、悪くないレースを選んでいます。

じっくり分析して来週から流れをなんと変えたいところですが、はたして。
スポンサーサイト

とことんダメダメ。

2015.05.31(Sun) | EDIT

素直にヒットザターゲット軸にしておけば・・・
最悪ですね。

デムーロ騎手頑張りすぎですよ。

馬連もったいなかったー

無念。

やっぱりハズレ。

2015.05.31(Sun) | EDIT

本命を間違えた上に穴馬もダメダメでした。
3頭中来ない馬を本命にするというダメっぷり。
サトノが2,3着持っていくとはー

今年もダービーハズレ・・・

そして続く連敗。

だがしかし、ドゥラメンテ強い。
これは楽しみですわ。

最後に目黒記念で散りましょう。


◎ヴァーゲンザイル
○アドマイヤスピカ
▲ヒットザターゲット
△ムスカテール
△ダービーフィズ
△ファタモルガーナ

レコンダイトはデムーロ騎手が力尽きます。

◎から馬連5点!

直前ダービー。

2015.05.31(Sun) | EDIT

キタサンブラック+10ってモリモリ食べたのでしょうか・・・

ベルラップはいい感じに絞れたようで、
三浦騎手一発やれる準備整ってますよ。

タガノエスプレッソも最低人気ですが、
18番枠18人気面白いですよ・・・

もう1頭迷っていたんですが、
内枠からタンタアレグリア。
ゼンノロブロイ×Mr.Pro+サドラーズウェルズ。
父に同じく青葉賞から一発あるかもしれませんね。
調教も良く、G1レーシングからもちょっと怖いですね。

ということでタンタアレグリアを追加しておきます。

ちなみに余談ですが、
今年はノースヒルズがダービーに出場できず、
代わりに目黒記念1枠1番にヒットザターゲットが入っているんですよね・・・
これ、あるんじゃないですか?
11番人気ですし、クラシックレースチャレンジ狙うために馬連でもw


ダービー(2)。

2015.05.31(Sun) | EDIT

と、色々考えましたが、
まとめとしては

ドゥラメンテ
リアルスティール
サトノクラウン
ノーザンFの3頭が上位とみています。

3頭の不安要素としては
ドゥラメンテ
前走からの余力・切れる脚・後方
サトノクラウン
ルメール騎手・SSを持たない血統
リアルスティール
今回初の外枠

軸として選びたいのは
ある程度の位置に付けられる可能性が高い
リアルスティール

◎リアルスティール
先週のオークスもディープ1,3,5着。
SS×NDタイプで、牝系にNureyevも。
余力も残せ、調教もしっかり走っていましたので。

○サトノクラウン
ここはリベンジをしたいところ。
前走本命で今回下げますが、SSの血を持たないタイプ。
貴重な血統だけに活躍して欲しいですが、

▲ドゥラメンテ
ここで結果を出すなら超一流。
先日2400で活躍したノーザンT内包。
牝系にはトニービンもあり、
キンカメ・SS・トニービンとキレキレ。
逆にこれがネックにもなりそうなんですが。
あとは余力とデムーロ騎手の位置取り次第ですね。

★ミュゼエイリアン
共同通信杯4着、毎日杯勝利。
父RobertoもSS・ノーザンT内包。
牝系にMr.Pro・StormBirdと地味に見えながらも面白い。
社台F3着内狙うならこれしか。

△ベルラップ
調教スタートの早さ、内枠サンデーレーシング。
ハーツクライ×Robertoと大一番で怖い血統。
牝系にはDanzigもあり、能力としては足りないですが、
今回は一発あってもおかしくない態勢です。
(POG馬なので・・・頑張って欲しいw)

△タガノエスプレッソ
大外が痛いですが、
ブラックタイド×キングカメハメハ+トニービンに
Nureyevのクロスが魅力的な1頭。
調教もかなり気合が入っていて、一発を確実に狙ってくる。
弥生賞完敗能力足りずも、東京代わりなら。

△キタサンブラック
ブラックタイド×サクラバクシンオー+Lyphardクロス。
人気がないので抑えますが、ある意味レースの鍵を握る存在。
逃げたら面白そうですが、スピリッツミノルとの兼ね合いが気になるところ。

もう1頭
スピリッツミノル
グァンチャーレ
コメート
で悩み中・・・

とりあえず馬券は
◎⇒○▲⇒★△
3連複フォーメーション 8点
上位3頭1,2,3は買いません。
○▲⇒★△
ワイドフォーメーション 8点

以上16点。
迷っている3頭決まったら追加で2点ずつします。
もしいらないと判断したら現状のままで。

馬体重発表を待って考えたいと思います。


ダービー。

2015.05.31(Sun) | EDIT

雨が降るかと思いきや、なんとか大丈夫そうですね。

ダービー②、③と行くつもりでしたが・・・
天気の関係もありなかなか進めませんでした。

枠順は意外にも有力馬外枠。
先週のオークスのような形にも見えますが、
完全ノーザンFの独擅場状態。

最内に1頭
5番から4頭連続、
11番から4頭連続。

さらに5頭がサンデーレーシング。
もう、勝つ気満々ですね。

実際1,2番人気抱えていますから、
強力布陣で勝利を確実なものにしなくてはいけないのでしょうね。

実際ドゥラメンテは強く有力ですが、
前走どの程度の余力を残しての参戦だったかも気になるところ。
ただ、共同通信杯の流れから見てもこの2頭の上位はゆるぎにくいところ。
唯一対抗できる可能性があるのは前走不完全だったサトノクラウンか。
キタサンブラックは前々でアドバンテージを稼げればもしくは・・・
ノーザンF布陣の前では厳しいかと思いますが。

ではこの3頭が連対可能性が高いとして、
(サトノクラウンはルメール騎手の呪縛がどうかですが。)
堀厩舎の2頭は後方からの可能性がリスクとなります。
サトノクラウンは出遅れなければ問題なさそうですが、
ドゥラメンテはデムーロ騎手次第ですね。
あまり後ろだと届かないのがダービーですからね・・・
この馬はキレが良すぎるだけにワールドエースのように
1600タイプにも見えますし、ある程度の位置につけてこらえるかどうか。

ペースに関しては外枠の
スピリッツミノル・キタサンブラックが握っていますが、
内枠サトノラーゼン・コメート・ダノンメジャー当たりももしかしたら。
中段から後方当たりに騎手の意識は集まりそうなので、
穴はやはり前残りでしょうか。

そこで前日の賞金余裕がある組は
コメート
グァンチャーレ
ベルラップ
ミュゼエイリアン
ミュゼスルタン
スピリッツミノル
キタサンブラック
タガノエスプレッソ

前に行けそうなのは
スピリッツミノル
キタサンブラック
コメート
ベルラップ
ミュゼエイリアン
特に前3頭は非社台なのが面白く、
その抑止力にサトノラーゼン・ダノンメジャーが介入するか。
ベルラップとミュゼエイリアンはどういうレースをするかですが、
ベルラップは調教が他馬を抜いて早いスタートが好感。
ミュゼエイリアンは毎日杯の勝利、共同通信杯4着はプラス。
2頭出しのミュゼである社台F生産がポイントになりそう。

ある程度前もメンバーが居るので逆に前崩れのパターンもありますが・・・

今年は賞金が足りない組はドゥラメンテ以外厳しいと思うので、
穴はここからとは思います。

レーヴミストラルは2400を2回使って余力があるとは思えません。
サトノラーゼンも調教から余力があるとは。
ポルトドートィユもPOG馬だけに頑張って欲しいですが・・・

続く。

ダービー①。

2015.05.26(Tue) | EDIT

タイトルを去年と同じように。
去年はワンアンドオンリーで
皐月賞⇒買う⇒来ない
ダービー⇒買わない⇒来る
という最悪のパターンでした・・・

というわけで、去年と同じく実績調査から行ってみたいと思います。

ダービーまでの成績で
出るためのダービー
勝つためのダービー
この2通りにおおよそ分けられます。

これは前走までに賞金を稼げているかどうかで、
賞金がある⇒前走叩き台にできる。
賞金がない⇒本気で結果を出さないと出られない。
つまり賞金がない馬は前走本気で走らないといけないので、
結果的にダービーには下り坂になる、ということですね。
青葉賞が勝てないのはこれがおそらく原因で、
青葉賞から連対するような馬はウインバリアシオンのような一流馬ぐらい。
賞金がない馬が連対するには相当な素質馬出ない限り厳しいということに。

では今年皐月賞の一時ボーダーラインだった1900万以上
前走までに持っていた馬は

サトノクラウン   
4600万
キタサンブラック
3500万
リアルスティール
3300万
ベルラップ
2500万
グァンチャーレ
2250万
ミュゼエイリアン
2250万
コメート
2200万
タガノエスプレッソ
2200万
スピリッツミノル
1900万
ミュゼスルタン
1900万

以上10頭。
(間違っていたらすみません)

去年のマイネルフロストはこの組からの穴馬でした。
今年も人気薄(特に内枠)には要注意ですね。

逆に人気どころで満たしていないのは
ドゥラメンテ
レーヴミストラル
ポルトドートィユ

この辺りは勝つという観点からは
マイナスになりそうですね。

現時点では
リアルスティールが最有力候補でしょうか。
人気が上がらないならばキタサンブラックも面白い。
マイネルフロストと同じ毎日杯を勝利した
ミュゼエイリアンも怖いですね
サトノクラウンのリベンジにも要注意。

しかし週末が雨になりそうなのが心配です。

む、むねん。

2015.05.24(Sun) | EDIT

ルージュバックきたかー
しっかり調整できていたんですね・・・・

結果的にやはり社台グループでした。
外枠ノーザンF優勢までは良かったんですが、
ルージュバックにやられましたねー
クルミナル惜しかった~
やはりマンハッタンカフェ産駒は勝てなかったか。

結果的に今年もしっかり
SS×ND系の社台グループで連対確保。

んーここは的中させたかったですね。
とは言え、配当的には厳しいので難しいところでしたが。

今回はルージュバックの特殊な調教過程に騙されましたね。
最終追いきりは良かっただけに1人気でも注意すべきでした。
同時に今年は桜花賞組が断然上で、除外されなければ
ミッキークイーンは2冠の可能性もあったかもしれませんね。

というわけで今週もハズレ・・・

来週は苦手なダービーです、巻き返せない無念の5月で終わりそうですね。

馬体重。

2015.05.24(Sun) | EDIT

ミッキークイーンは輸送無事だったようですね。
キャットコインは馬体重戻らず、残念です。
問題はクルミナルの-10。
これは厄介ですね・・・

ちなみに今日のレースではステイゴールドが活躍。
ココロノアイにとってはプラス材料ですが果たして。

馬券は◎○▲から馬連フォーメーション12点。
★△△のワイドBox3点。
計15点で。


オークス。

2015.05.24(Sun) | EDIT

いやーなんとか雨はふらないようでホッとしました。
GIはできるだけ好天がいいですからねー

現在1人気はやはりルージュバックか。
この馬は色々と難儀なイメージが。
桜花賞の結果を持ってしても1人気から変わらない。
最終追いきりが抜群で今回はと思わせますが、
調教の始動がかなり遅いという怪しさ。
そして、同じキャロットファームクルミナルとの関係。
方や桜花賞2着のディープ産駒。
こちらは桜花賞大敗のマンカフェ産駒。
いくら桜花賞が特殊なレースだったとはいえ、
1人気と6人気は表面上のイメージでしょうかね。
むしろクルミナルを守るための影武者にすら見えますが・・・

そんなノーザンFに厄介なのはやはり2,3人気の
レッツゴードンキ
ココロノアイ

この2頭にほかなりません。
先日の通りノーザンFが外枠に対して
この2頭は内枠である点。
純粋にノーザンFが勝てる流れがあるとするならば
第一候補はクルミナル
第二候補はミッキークイーン
ではないかと予想しています。
ただ、ミッキークイーンは輸送という課題がアリますので、
馬体重発表までは保留ということになりますが・・・
ちなみにクルミナルも初輸送なのでこちらも要注意ですね。
もう1頭気になるのはディアマイダーリン
東京得意の関東馬ですが、先日の勝ち条件もあり
ハーツクライ産駒で牝系に薄いながらも
Nureyev+Nijinskyがある点は魅力的。
大外が能力と合わせてネックではあるのですが・・・

次に社台F。
こちらは内枠ということで、
3枠2頭が最大有力であるのは間違いないかと。
コンテッサトゥーレもいますが、前走は1枠1番で
ルメール騎手は問題を起こしたのでGI勝たせてもらえないと勝手に予想w
今回は内枠に入ったクイーンズリングに優勢と見ています。
シングウィズジョイも先行力からこの枠は魅力的ですね。
ただ、この2頭もマンハッタンカフェ産駒というのがネック。
2400GIと相性が良くないので勝つという点からは・・・
それでも好走可能性は高いと思うので、抑えるべき存在ですね。

白老Fのキャットコイン
明らかに前走のマイナス体重が響いてますね。
こちらもルージュバック同様調教始動が遅いです。
正直今の馬場にはかなりマッチしている血統なのでもったいないのですが。
馬体がどの程度戻るか、それでもGIで走るには準備万端とは・・・

以上から輸送等問題無いとして印をつけるならば

◎クルミナル
○ミッキークイーン
▲ココロノアイ
★クイーンズリング
△シングウィズジョイ
△レッツゴードンキ

クルミナル・ミッキークイーンは輸送次第。
何かしら問題があるならば非社台にやられるか、
社台Fが持っていくのでないかと思います。

レッツゴードンキは順調そのものですが、
やはり前走逃げたことのリスクは大きいと思います。
社台グループが同じ轍を踏むとは思えませんからね。

非社台筆頭はやはり血統からもココロノアイ。
関東に戻る今回はチャンスですね。

クイーンズリングとシングウィズジョイは
血統からクイーンズリングを上位に取りました。

とりあえず連対はこの6頭に掛けてみたいと思います。

馬券は馬体重確認後決めたいと思いますが、
おそらく馬連がメインの保険ワイドになるかと思います。

枠順発表。

2015.05.21(Thu) | EDIT

木曜発表の枠順はいいですねー
やはりGI枠順ということで社台グループを見て行きたいと思います。

今年は皐月賞ドゥラメンテのみという 
不調の社台グループです。
ヴィクトリアマイルなんかは全滅ですからね・・・

早速枠順を見て面白いのが、
社台F 4頭が1~9番に
白老 が7番
ノーザンF 4頭が12~17番に
追分 が18番
計10頭が内外に綺麗に別れました。
(7番キャットコインはサンデーRなのでノーザン系ですが。)
内外どちらにアドバンテージがあるのか馬場状況をよく確認したいところですね。
ちなみにもし、JRAが社台グループを勝たせたくないのだとすると、
内枠に非社台有力なレッツゴードンキ・ココロノアイが入ったことからも
内有利では?と、なりそうな気もしますが・・・

今日は勝ち馬に必要なものを見て行きたいと思います。

成長途中の牝馬にハードな2400というレース。
適正が高いタイプは成長が追いつかず、
実際は能力と総合力が問われるレースに。
実際ND系が活躍していることからも、
スピードが重要で、勝ち馬もスピード実績が必要ということに。
勝利馬にアドバンテージをもたらす実績は

1600以下の勝利実績

これがある意味必須に近くなっています。
近10年でこの実績がなかったのはサンテミリオンのみ。
このサンテミリオンも負けたフラワーカップ以外は
2番手先行で3勝しており、スピードの片鱗を見せていました。

では今年持っていないのは
マキシマムドパリ
トーセンナチュラル
ローデッド
アースライズ
ルージュバック

この中で先行力を見せているのはアースライズのみ。

では今年1600実績がある馬は
レッツゴードンキ
ココロノアイ
シングウィズジョイ
クイーンズリング
キャットコイン
コンテッサトゥーレ
ミッキークイーン
ペルフィカ
アンドリエッテ
トーセンラーク
ノットフォーマル
クルミナル
ディアマイダーリン

13頭と多いのですが、この中で更に
1800以上の勝利実績もしくは
GI実績・重賞勝利がある馬に最大のアドバンテージがアリます。

レッツゴードンキ
1800勝利実績 阪神JF2着 桜花賞1着
ココロノアイ
阪神JF3着 アルテミス・チューリップ1着
シングウィズジョイ
1800勝利実績 フローラS1着
クイーンズリング
1800勝利実績 Fレビュー1着
キャットコイン
クイーンC1着
コンテッサトゥーレ
桜花賞3着
ミッキークイーン
2000勝利実績
ノットフォーマル
フェアリー1着
クルミナル
1800勝利実績 桜花賞2着
ディアマイダーリン
1800勝利実績

以上10頭が勝つための布石を手にしていそうです。

先日の血統面のアドバンテージを含めると
ココロノアイ
クイーンズリング
ミッキークイーン

の3頭は一歩リードでしょうか。

特に
関東に戻り2連続二桁馬番から内枠になる
ココロノアイ
1400~1800の勝利実績に、4戦全て二桁から内枠になる
クイーンズリング
この2頭は魅力的ですね。

ミッキークイーンは輸送次第というところでしょうかね。

社台グループが勝つには
内枠ココロノアイ・レッツゴードンキをいかに抑えるかになりそうです。
そういう意味では外枠ノーザングループが鍵を握っていそうですが、はたして。

そして自分の予想にとって一番ネックなのがやはり
ルージュバック
最近の傾向から切ると来られるタイプですね・・・
人気を落とすならいいのですが、相変わらず1人気想定。
SS×NDという血統も問題なく、牡馬相手に結果を出してきた実績もあります。
ただ、桜花賞までの3走がすべて少頭数だったのが気になるところ。
その点今回外枠になったのはプラスに働きそう。
あとは目標が完全にオークスだった可能性ですね。
桜花賞は前哨戦を使っていないので、桜花賞がステップでオークスという流れなら・・・

日曜に向けて引き続き精査していきたいと思います。
ただ、日曜日雨予報に・・・
そうなると荒れる可能性もあるだけに。


いよいよオークス。

2015.05.19(Tue) | EDIT

先週も見事に散りました。
まさかの大荒れでしたが、偏った血統の流れから
短距離向きの馬場であると読み切るような柔軟さが欲しかったですね。
よく考えればPrincelyG+ノーザンTが走っていたということは
まさにサクラバクシンオー的な馬場だったとうことですね。
データ等に固執することで、予想の柔軟性が失われる悪いパターンでした。
せっかくの血統のヒントも台なしというわけですね。
なかなか難しいところですが・・・

今週はいよいよオークス。
桜花賞に続き的中させて流れを変えたいところです。

特徴としては2400を走れそうなタフな血統、
距離が伸びたら良さそうな血統を狙いたくなりますが、
実際はスピードが重要というレース。
活躍血統に顕著に現れていて、
父SS系・母父ND系
これがオークスのベスト配合になっています。
特に牝系のNDは重要で、母父ND系でなくとも
母母父NDやクロスを含むのが最低条件となっています。

今年は人気馬ですと
クルミナル
レッツゴードンキ

の2頭がND系薄めとなっていますね。
ただクルミナルはLyhardの4×4クロスが、
レッツゴードンキはところどころにNDの血が散りばめられています。

では逆に活躍傾向にあるND系を見ると
Danzig
Nureyev
Nijinsky

の3つがアドバンテージあり。
今年は母父Danzig
アースライズ
クイーンズリング
ココロノアイ

母父Nureyev
ミッキークイーン
この4頭は要注目ですね。

去年のヌーヴォレコルトは牝系に
Nureyev+Danzigで、強力でした。

今年はどうなりますか天気とともに気になるところです。


こ、、これはーー。

2015.05.17(Sun) | EDIT

3連単2000万馬券w

見事に4歳馬全滅・・・

すべてのデータを覆す結果でした。

ミナレットが飛ばしてた時に嫌な予感はしたんですが、
この距離でもブエナビスタのエリザベス女王杯になるとは。

しかし見事にスプリンター優勢の結果となりました。
後ろの馬たちはすでに終わっているというレース。

これはさすがに自分の実力ではとても予想できませんね。
PrincelyGが来る馬場はこれの予兆だったのかもしれません。

惨敗です。

こういうのを当てたいですが、これはさすがにレベル高すぎです。

順調に連敗街道まっしぐらですよ・・・

最後はレッドリヴェール頑張ってましたし、
ここは普通のレースなら復活だったのかもしれませんね。
そしてやはり内有利は重要ポイントで、前に行く馬は確実に抑えですね。
4歳優勢に見えても、展開によっては6歳以上も要注意ということを学びました。
そうそうこういうことはなさそうですが、穴狙いという点からは重要か。
週初めはケイアイエレガント気にかけていたものの相手が買えなかったですね確実に。

いやー歴史に残るレースとなりました。
こういうレースを見るとやっぱり穴はワクワクしますねー

そろそろ当てたいですが・・・

来週はオークス!
桜花賞に続き的中できるか勝負どころです。
頑張ります。

ヴィクトリアマイル。

2015.05.17(Sun) | EDIT

かなりの好天です。

まずは先日と本日の1600戦の血統の偏りについて。
3レースが行われすべて1着馬が
SS×PrincelyG+ノーザンTという血統。
2着馬は父か母父がMr.Proという偏りを見せていました。

しかしヴィクトリアマイルにはPrincelyG持ちの馬がいない・・・
ただイメージとしてはSS・Mr.Pro・PrincelyG・Lyphardに分があるようで、
切れやスピードにアドバンテージがある馬場のようですね。
SS+Lyphardのディープ産駒には走りやすい馬場かもしれません。
スマートレイアー
ショウナンパンドラ
は稍アドバンテージでしょうか。

前走のように出遅れなければ
キングカメハメハ×SS+トニービンの
タガノエトワールも面白そう。
1枠1番もらいましたのでぜひ積極的に行ってもらいたいですが。

もう一つ重要なのがやはり社台関係馬。
社台F
レッドリヴェール
ベルルミエール
ヌーヴォレコルト
ノーザンF
ディアデラマドレ
バウンスシャッセ
白老F
タガノエトワール
ショウナンパンドラ

去年一昨年のように人気馬に社台グループが少なくとも、
しっかり勝利は持って行きますし、
今年のメンバーならそうそう落とすとは思えません。
近年はノーザンFが優勢ですが、今年は社台F優勢か。
ただ、そこを1枠8枠で虎視眈々と狙うのが白老F。

では、ここを目標に休み明けを牡馬相手・阪神牝馬を叩いてきているのは
レッドリヴェール
ディアデラマドレ
スマートレイアー
メイショウマンボ
ヌーヴォレコルト
ショウナンパンドラ


復活するなら
レッドリヴェール
メイショウマンボは面白そうですが、
判断が難しいところ。
レッドリヴェールは馬体重問題ないようで怖いですね。
3番人気がネックですが・・・

以上に4歳馬のアドバンテージと実績、
5歳馬実績を含め、6歳以上は今回厳しいと見て

ショウナンパンドラ
現在の馬場も含め血統的にチャンス。
白老Fから勝負、もう一度ヌーヴォレコルト倒すなら。
前走叩いて、しっかり照準を合わせてもう一度。
ヌーヴォレコルト
1人気で勝てないイメージということでこの位置ですが、
能力的には一つ上だけに。
もし負けるなら同じ社台関係馬ではないかと。
血統的にはやや重めなので、その点も含めこの位置。
ディアデラマドレ
後方からがネックですが、ノーザンFからはこの馬。
前走牡馬1600叩いたのも良く、母父SSもプラス。
5歳馬という点からも勝つには厳しいが、2着なら十分。
タガノエトワール
今回一発はこの馬。
内枠の4歳馬人気薄はこの馬。
血統も悪くなく、川田騎手が内枠なら面白い。
出遅れないで好位でためて欲しいところ。
スマートレイアー
去年より用意周到に本番。
ディープ産駒プラスな馬場なら今年は3着も。
レッドリヴェール
復活があるなら1600勝利のあるこの馬。
人気なのがネックすぎ。
メイショウマンボ
同じく復活があるなら。
唯一5歳馬で連対可能性の傾向持ち。
こちらは人気無くて良い。

馬券は
3連複
◎○⇒▲★△
馬連
◎⇒○▲★△
ワイド
★⇒◎○▲★△

計17点。
白老Fに期待。


京王杯SC。

2015.05.16(Sat) | EDIT

ちょっと難しくてパスですが、
4枠の
ダンスアミーガ
オメガヴァンデッタ
が面白そう。

上がり馬ならダンスディレクターかとは思いますが、
この馬出遅れるタイプで、
過去内目の枠で負けてるんですよね。
今回のこの枠がどう出るか。

距離延長になるダイワマッジョーレは今回リスク高そうで。

初距離もヴァンセンヌはディープ産駒で走りそう。

同じくディープ産駒のサトノルパンは東京1400走るので
安定感は高そう、前走叩きからの参戦も好感。

明日のGIに同じくショウナン馬が大外なのが気になりますね。
このレースの結果によっては明日狙えるかもしれません。

今日明日への馬場変化がヴィクトリアマイルにどう影響を与えるか楽しみです。

VM前哨戦と連対馬。

2015.05.13(Wed) | EDIT

今日は暑くて参りました。
明日も暑いようで、ぐったりしそうですね。

天気の方は土曜あたりが危なさそうですが、
日曜は大丈夫なようなので出来る限り晴れでお願いしたいところです。

本日はVMの前哨戦と連対馬について。

06年からの連対馬(馬齢・枠順・血統)と前哨戦の着順を上げてみます。
06年
◎ダンスインザムード 5歳 1枠1番2人気 社台F
前走 マイラーズC 2着 SS×Nijinsky+Ribot
○エアメサイア 4歳 8枠18番 3人気 社台F
前走 阪神牝馬 2着 SS×ノーザンT+BoldRuler

07年
◎コイウタ 4歳 2枠4番 12人気 社台F
前走 ダービー卿 2着 フジキセキ×Djebel+Mr.Pro
○アサヒライジング 4歳 2枠3番 9人気
前走 阪神牝馬 8着 ロイヤルタッチ(SS+Nijinsky)×St.Simon+St.Simon

08年
◎エイジアンウインズ 4歳 3枠6番 5人気 社台F
前走 阪神牝馬 1着 フジキセキ×Danzig+Mr.Pro
○ウオッカ 4歳 5枠9番 1人気
前走 ドバイデューティー 4着 タニノギムレット×NeverBend+PrincelyG

09年
◎ウオッカ 5歳 3枠6番 1人気
前走 ドバイデューティー 7着 上記
○ブラボーデイジー 4歳 1枠2番 11人気
前走 福島牝馬 1着 クロフネ×SS+Mr.Pro

10年
◎ブエナビスタ 4歳 6枠11番 1人気 ノーザンF
前走 ドバイシーマ 2着 スペシャルウィーク×Nijnsky+SirGay
○ヒカルアマランサス 4歳 1枠2番 8人気 ノーザンF
前走 阪神牝馬 13着 アグネスタキオン×BoldRuler+Nijinsky

11年
◎アパパネ 4歳 8枠16番 2人気 ノーザンF
前走 マイラーズC 4着 キングカメハメハ×DeputyM+BoleRuler
○ブエナビスタ 5歳 7枠13番 1人気 ノーザンF
前走 ドバイワールドC 8着 上記

12年
◎ホエールキャプチャ 4歳 6枠12番 4人気
前走 中山牝馬 5着 クロフネ×SS+RedGod
○ドナウブルー 4歳 8枠16番 7人気 ノーザンF
前走 中山牝馬 11着 ディープインパクト×Danzig+Lyphard

13年
◎ヴィルシーナ 4歳 6枠11番 1人気 ノーザンF
前走 大阪杯 6着 ディープインパクト×Mr.Pro+Nureyev
○ホエールキャプチャ 5歳 4枠8番 12人気
前走 阪神牝馬 14着 上記

14年
◎ヴィルシーナ 5歳 7枠14番 11人気 ノーザンF
前走 阪神牝馬 11着 上記
○メイショウマンボ 4歳 2枠4番 3人気 
前走 大阪杯 7着 スズカマンボ(SS+Mr.Pro)×グラスワンダー+Mr.Pro

非常に見えにくく申し訳ありませんが、
前哨戦はかなり特徴的となっていますね。
9年・12年を除く全ての連対馬が前走阪神牝馬S牡馬相手でした。
ただ、9年は3着は前走1600万下牡馬相手で、
連対なしの12年は3着前走阪神牝馬Sでした。

そして面白いのが09年11年13年14年の連対馬に
前年の連対馬がいるという点。
これが非常に重要で、初年度から連対馬はすべて4,5歳馬。
初年度のダンスインザムードを除く全ての5歳連対馬は
前年の連対馬というのだから驚き。
つまり、5歳馬で連対するのは適正と能力の高い馬のみというわけですね。
6歳上は上位人気でも連対できません。

今年もこの傾向が続くのであれば、
連帯の可能性がある5歳馬はメイショウマンボのみということに。
ただ、メイショウマンボは近2年のホエールキャプチャ・ヴィルシーナ
この2頭の流れに酷似するだけに要注意です。
前年のヴィクトアリアマイル以降不調で
前走阪神牝馬を使っているというのだから怖いですよね・・・

それと人気馬で注意なのが先日も書きましたが、
基本的に休み明け叩き2戦目がいいようで、
今年入って2戦以上連続好走して挑んでくるような馬は
余力的に厳しい可能性が高いです。

そして枠順もかなり重要。
兎に角内枠特に1,2枠が強いです。
1,2枠に入った4歳馬は馬券に加えたほうが良さそうです。

あとは定番ですが牝馬戦といえば社台グループですね。
近年はノーザンFが強いですが、昔は社台Fが強かったのでどちらも注意ですね。

最後に血統に関しては
基本的にSS系が重要。(先週もそれで狙って2着にやられましたが・・・)
それプラス
Nijinsky・DeputyM・Danzigのノーザンダンサー系
Mr.Pro系

今年の阪神牝馬S4歳馬は
レッドリヴェール
ベルルミエール

出走できるなら
ダンスアミーガ
サングレアル


前走中山牝馬1着だった
バウンスシャッセ
前走重賞ではないが牡馬相手だった
タガノエトワール
この2頭も要注意ですね。

ヌーヴォレコルト
ショウナンパンドラ

この2頭が最有力連対候補ですが、
上記の馬たちも枠順などのアドバンテージがあれば
チャンスがあるかもしれませんね。
それプラス メイショウマンボで連対圏内は確定か!?

さぁ枠順発表が楽しみです。
(今年に限って5歳以上馬大活躍とか怖いですがw)

VMでビシッと決めたい。

2015.05.11(Mon) | EDIT

今週はヴィクトリアマイル。
去年は的中できた相性がいいかもしれないレースです。

顕著に馬齢が結果に現れるレースで、
基本GI実績4歳馬中心。

ショウナンパンドラ
秋華賞1着
タガノエトワール
秋華賞3着
ヌーヴォレコルト
桜花賞3着 オークス1着 秋華賞2着 エリ女2着
バウンスシャッセ
オークス3着
レッドリヴェール
阪神JF1着 桜花賞2着

やはりヌーヴォレコルトが抜けてますね。
このレースはヌーヴォレコルトに先着できる馬を探すレースになりそうです。
5歳以上は相当アドバンテージがないと厳しそう。
ヌーヴォレコルトに隙があるとすれば、
1人気になることと、やや血統が重めなことでしょうか。
それでも能力実績からはそう簡単には勝たせてもらえなさそうですが。

4歳馬だと秋華賞でヌーヴォレコルトに先着した
ショウナンパンドラが面白そう。
休み明け、牡馬GI馬達と戦ったのは大きいかと。
牝馬限定にもどって人気しないようなら美味しいのでは。
血統も先日のNHKマイルCで1,3,4着のSSとデュピティミニスター内包。
内枠に入るようなら軸でもいいかもしれませんね。

この4歳に割って入るなら5歳馬か。

可能性がアリそうなのは人気でしょうけれども、
ディアデラマドレですかね。
この馬も休み明け牡馬相手に叩いての参戦。
キンカメ×SSという母父SSはプラス。
この美最大の魅力はやはり上がりの脚。
過去2戦以外すべて上がり3位以内で、
なおかつ現在4連続で上がり1位を記録しています。

とまあ今上げた3頭は綺麗に休み明け牡馬相手に叩いての参戦。
この3頭はVMをしっかり狙ってきているようですね。

ほか注意すべきはヴィルシーナのように一気に人気落ち時の好走
メイショウマンボ
ただ、ヴィルシーナは逃げるというアドバンテージが大きかったのもありますね。

あとは内枠に配置されるなら去年に続き狙ってみたい
ケイアイエレガント
逃げでうまくアドバンテージが狙えるなら面白いか。
ただ、6歳ですし上記3頭に先着するには相当な運も必要か。

去年3着のストレイトガールは6歳の今年更に着順を上げるのは酷か。
レッドリヴェールは桜花賞ではヌーヴォレコルトに先着してますが、
ステイゴールドもちょっと重すぎで、桜花賞からの戦績を見る限り
アレがピークだった可能性も・・・
カフェブリリアントは3連勝と勢いがあっていいですが、
SSを持たない血統は稍マイナス気味か。

ざっとみて連対圏内は人気で決まりそうですかねー
あとは枠順や展開の利をうけられる馬が3着あたりに入るかどうか。
なんとか今週で5月の勝ちを掴みたいところです。


無念。

2015.05.10(Sun) | EDIT

クラリティスカイ横山騎手やっぱり強かった。

けれど・・・・
切った2頭が見事に2,3着。
無念。

アブニールマルシェ直線引っかかりまくってなければ
もう一息行けそうでしたが、仕方ありません。
切った人気3頭に掲示板取られたのは痛い。
アルビアーノこの血統で来るとは、まだまだ分析不足でした。

連敗継続中ですが、(昨日のはおまけ程度で・・・・)
今日も割りと固く収まってしまったのでよしとして、
必ず穴を決めたいと思います。

今日はアルビアーノにやられたからカレーでも作りますわ。

今日の東京1600。

2015.05.10(Sun) | EDIT

ディープとダイワ。
湘南Sではディープ3,5着に15,14番人気が。
ディープはアブニールマルシェのみ。
ダイワはダノンメジャーもちょっと怖いですね。
前走先行ですし、外枠ですが初1600を考えると
意外と好走する可能性がありそう。

マテンロウハピネスがキてくれたら最高ですが、
ダノンメジャーワイド5点追加で

SSなしの激走はなかったのでその点は安心ですね。

NHKマイルC。

2015.05.10(Sun) | EDIT

今日は好天に恵まれた母の日となりました。

では早速まとめに行きたいと思います。

NHKマイルC

ヤングマンパワー
もう少し内枠ならもっと良かったんですが、
アーリントンC勝利を評価して、母父SSにも期待。
NZTが後方決着だったのに対し、4角前だったのもプラス。
後方グループは本番できついレースになるはずで。
クラリティスカイ
2週連続にはなりますが、横山騎手はこのコースでは侮れません。
前走外、今回は内枠で前に行く馬もいるので問題はなし。
いちょうS・阪神の朝日杯3着もこのレースで挽回確実では。
アルマワイオリ
朝日杯2着・アーリントン2着ともに上がり上位を評価。
後方からになる馬ですが、中枠でうまく立ち回れることに期待。
安定の成績も含め美味しいに似では。
アブニールマルシェ
1枠1番。戦績からも能力は上位で、力差を見せて欲しいところ。
出遅れないといいのですが。
血統もディープ×フレンチデピュティと鉄板。
マテンロウハピネス
ダイワメジャー産駒からはこれ。
今日もトニービンが活躍しているので大外が痛いですが、
面白い1頭ではないでしょうか。
去年のタガノブルグに似たような戦績も気になるところ。
アーリントン僅差の3着はあなどれないのでは?
今年5戦ですが人気薄なら抑えます。

以上5頭のワイドBoxで勝負。

消しから
グランシルクは後方になるタイプでこの枠はリスク。
上がりの脚は魅力的も、中山からの変化がどうか。
母母父フレンチデピュティは魅力的もやや重めか。
ミュゼスルタンも後方から。
上がりの脚は前走上がり最速も魅力的で、
血統もSSが薄い以外は悪くはないものの最大のネックは
戦績が3戦のみという点。カレンブラックヒルは年明け3戦でしたが、
この馬は年明け1戦の3戦というのが問題。

人気の上がり重視馬はGIではついていけないと見ています。

逆に逃げる可能性がある3人気アルビアーノですが、
こちらはやはりSS無しにリスクを感じます。
エーシントップと同じに最後にキられるでしょう。
この馬も年明け3戦ですが、戦績不足は否めないかと。
当然人気なら消しますね。

難しかったのは
グァンチャーレ
蛯名騎手の内枠は怖いですし、
Haloのクロスにシンザン記念勝利もありますが、
他の馬に魅力劣るので切りました。
人気薄で美味しそうですが・・・

ヤマカツエース
こちらは調教も引き続き良かったですが、
NZT勝ち馬が繋がりにくいのも含め、
上がりも上位ではなく、先行でもなかった半端なタイプでは。
戦績は悪くはないですが、前走で燃料切れでは。

当感じで予想しましたが、
上記5頭が来なく、消し5頭で決着というパターン・・・
自分はよくあるので怖いですが、素直に血統戦績から選択。
あとは流れがうまく行くことに期待です。


ダービー確定!。

2015.05.09(Sat) | EDIT

2着無事確保しました!
よかったー
馬券よりそっちにドキドキでした・・・

馬券は+20円w

無理やり切ったサトノラーゼンやっぱり来ますよね。
内有利ですし、先行できますしね。
今年もしっかり500万下が連対ということで、
来年以降も狙える馬を探すレースになりそうです。

明日はNHKマイルC。
血統にわかりやすい傾向があり、
・近5年では3着内ばすべて父か母父SS系
・近4年母父SS系が4連対中
とSS系が安定傾向にありますね。

◆父・母父SS系ではない◆
グアンチャーレ
レンイングランド
アルビアーノ
ヤマカツエース
ミュゼスルタン
フミノムーン
ニシノラッシュ
人気の2頭がまさかの該当。

ミュゼスルタンは母母父SS系ですが、
1人気だと軸にするにはリスクになりそうです。
ただ母父デピュティミニスターは好材料なので切りにくいですが。

血統的にハイリスクなのはアルビアーノ
この馬13年1人気だったエーシントップに非常に血統が似ています。
脚質も似ていることからも危険な感じがしますねー

◆母父SS系◆
タガノアザガル
クラリティスカイ
ナイトフォックス
ヤングマンパワー

注目すべきはやはりクラリティスカイ
明らかに前2走より血統的にも向いているレースにチェンジ。
前走逃げることになったのはややマイナスですが、
唯一の皐月賞組を甘く見てはいけないのではないでしょうか。

今日の1600未勝利はハービンジャー×SSが1,3着。
ハービンジャー産駒は出てきませんが、
父DanzigのヤングマンパワーはDanzig×SS。
NZTで負けて人気が落ちるなら美味しい1頭ではないでしょうか。

この2頭を押す以上は当然アルマワイオリも。

リスクのある人気馬がいるレースだけに、
高配当に期待できそうで楽しみです。

さあ明日は血統傾向通りに行くのか、裏切られるのか
引き続き印馬券考えたいと思います。


京都新聞杯。

2015.05.09(Sat) | EDIT

GWもあっという間に終わり、
いつもどおり天皇賞春撃沈で悔しい限りです。
現在までの収支は
+46120
-28600
回収率161%
順調に落ちてきてます・・・

今日はPOG馬ブライトエンブレムが無念のダービー出走ならずということで、
京都新聞杯出走POG馬ポルトドートィユに頑張ってもらいたいところ。

ノーザンFが気合入れてきていて、
内4頭中3頭の計7頭出しとなっています。
毎年500万下勝利から出走馬が連対していますが、
今年はサトノラーゼンのみ。
しかも、狙いやすいのは2200以上使っていた馬だけに
1,2人気になりそうなサトノラーゼンはリスクかもしれませんね。

そうなると純粋に実績馬を狙えば良さそうなわけで、
重賞掲示板内経験馬をピックアップ。
ダノンリバティ
ポルトドートィユ
トーセンバジル
シュヴァルグラン
アルバートドック


3連勝で皐月に挑んで出遅れたスピリッツミノルも気になりますが、
この馬は前走出遅れたことと、なにより戦績過多が問題ありとみて切ります。

で、先ほど行われた2000の未勝利で1,3着が
ディープ×フレンチデピュティでした。

ディープ×クロフネのポルトドートィユ
チャンス到来!
ダービーいける!

というわけで個人的感情入れまくりですが、
ポルトドートィユから
上記4頭実績へのワイド馬連計8点で!
1人気だけに散りそうですが、ダービー何とか出て欲しい・・・



絞りすぎたか・・・。

2015.05.03(Sun) | EDIT

ラストインパクトあと一歩だったか・・・。
そしてやはり1枠1番ゴールドシップ1着でした。
やっと勝利のチャンスをもらったというわけですね。
そして、予想通り日経賞は全滅でした。

さすが横山騎手と言った感じで、
早めの仕掛けでこれは来たなという感じ。
お見事でしたねー

血統的に重いと思った2頭が1,2で、
母父Ribotのフェイムゲーム買っておくべきでした。
3着カレンミロティックもフェイムゲームと同じハーツクライ、
そして宝塚記念2着の実力もあって内枠でしたからね。
なにより、フェノーメノ2連勝させた蛯名騎手でしたからねー
ラストインパクト・ラブリーデイにこだわりすぎたのが失敗でした。

今年もダメだった天皇賞春。
フェイムゲーム以外が内枠だったことからも
かなりチャンスで美味しい決着だっただけに無念です。

日経賞の傾向も学べましたし、来年こそはなんとか頑張りたいと思います。
来週はNHKマイル。
そろそろビシッと決めたいところですが・・・

天皇賞(春)。

2015.05.03(Sun) | EDIT

週中もっと更新したかったのですが、
どうしても気になる点があり、
枠順発表を待って、土曜のレースを確認していたら、
今になりましたw

気になる点というのは勝ち馬の観点からなんですが、
天皇賞(春)の前哨戦において、
阪神大賞典
日経賞
大阪杯
と3つのGIIがあるのですが、
圧倒的に日経賞が不振かつ、特定の馬しか勝てないという傾向がありました。
日経賞からの勝ち馬は
1995年から
ライスシャワー
マンハッタンカフェ
マイネルキッツ
フェノーメノ×2

と20年で5回のみで、この5頭実は全て関東馬なんですよね。
そして上記5頭は日経賞連対もしくは人気だったという点。

更に面白いのが、他の関東馬で勝利したのが
ジャガーメイル
イングランディーレ
サクラローレル

の3頭。
この3頭はすべて上記3つのGIIを使っていないんですよ。

もし今年もこれと同様の結果が得られるのであれば、

日経賞から勝ち馬は出ない

ということになるのではないでしょうか。
(こういうと来ちゃうというよくあるパターンも怖いですがw)
おそらくこれは輸送と能力の関係だとは思うのですが、
タフなレース前に輸送のダメージを残さないことと、
当然能力が無くては勝てないということでしょうかね。

そして今年の日経賞上位馬はホッコーブレーヴ以外すべて関西馬。
その関西馬である
アドマイヤデウス
サウンズオブアース
ウインバリアシオン

すべて8枠!

なんとなく納得しちゃいますよね。
やはり内が有利というのを基本として考えると
これは顕著にでたなーという印象です。
アドマイヤデウスなんて8レース連続一桁馬番ですからねー

ただ要注意なのは、あくまでも勝てないだけであって
2,3着はあるので馬券から消すまではとは思います。
4歳の2頭は当然若くフレッシュなわけですからね。

じゃあ勝ち馬は?となるのですが、
これが厄介なところです。

まず強力な1枠1番がゴールドシップという点。
前段階のように5人気ぐらいなら良かったんですが、やっぱり2人気に。
ただ、この枠をもらった以上は怖いですよね・・・
実際血統的には厳しいですし、京都は合わないとは思うのですが、
上記サクラローレル・イングランディーレを勝利に導いている横山騎手。
サクラローレルは1枠1番でしたし、
イングランディーレなんて10番人気で逃げ切りでしたからね。
ゴールドシップ逃げたりなんかしたら怖いかもしれませんよ?

社台系からだと、好枠をもらった
ラストインパクト
個人馬主ではないですが、もうフェノーメノが2連勝してますし、
ディープ×Mr.Proといえば一昨年のトーセンラー。
トーセンラーは牝系が素晴らしいスタミナでしたけれど、
ラストインパクトも母母はパシフィカス、
そうです、ナリタブライアン・ビワハヤヒデのお母さんですよ。
ともに菊花賞・天皇賞春では結果を出していますからね。

ラストインパクトも菊花賞は4着(不良馬場とエピファネイアで1.1差でしたが・・・)
去年は不振日経賞からの参戦で、今年はしっかり阪神大賞典を叩いての出走ですので、
なかなか期待できるのではないでしょうかね。

そして、不振といった金子氏の2頭のから、
ラブリーデイ
ダンスインザダーク産駒は不振ですが、母父ならどうか。
特に牝系はトニービン・リアルシャダイとタフっぷり。
デニムアンドルビーが阪神大賞典なら
こちらは天皇賞で一発狙いでは?

というわけで血統的には
クリールカイザーも気になりますし、
キズナも今年は?とも思いますが、
2頭ともイマイチ追いきりもぱっとしませんでしたので、
クリールカイザーは上記3頭の踏み台に、
キズナは後方馬達の足止めになってほしいと思います。

というわけで馬券は
ゴールドシップ
ラストインパクト
ラブリーデイ

3頭のワイド馬連ボックスで勝負します。
が、、週中押していたサウンズオブアースを切ると
来るといういつもの恐ろしいパターンがあるのでこの馬も追加で4頭セットで。

今日も無駄に長くなりました・・・

プロフィール

あす

Author:あす
2010年競馬スタート
素人予想6年目

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。