FC2ブログ

今週はGI。

2012.03.21(Wed) | EDIT

先週はほとんど競馬予想ができませんでした・・・
まあ結果はいつも通り散々でしたが。
ストローハットは出遅れが厳しかったですね~
オルフェーヴルは去年の天皇賞春を思い出しちゃいましたよ・・・
ナムラクレセントはあの時と同じく3着。
3連単オルフェーヴル1着固定だったので撃沈でした。
ワイドにしておけばよかったです。

気を取り直して今週はGI高松宮記念。
高松宮記念血統(改装後)
先週までの1200のレースの血統とラップ&上がりタイムです。
コースの形態からも前傾ラップで、上がりのかかり具合からも
かなりタフなレースになっていそうです。
距離短縮組みが結果を出しやすい傾向もあるようです。
GIではどの程度前半後半がしまってくるかですが、
厄介なのが週末の雨・・・
先週もかなり差し追い込みが決まっていたので、
本番で前に行く馬がどの程度耐え切れるかどうかですね~

距離短縮ではサンカルロマジンプロスパーが両極での参戦。
  先週はRoberto系の活躍が目立ったので唯一父Roberto系の
 サンカルロにはアドバンテージでしょうか。
 差追が決まりやすい状態ならなおよしで、母父Mr.Proが後押ししてくれそうです。
  マジンプロスパーは前走で評価できないでここで評価するのもあれですが、
 あのラップであの上がりを使っての距離短縮はかなりプラスで、
 血統面はこちらも割りと活躍しているGreySoverign系を父にもつ
 アドマイヤコジーンで、ノーザンT・PrincelyGiftを持ち合わせているのも◎
 実力のほどはGIで通用するかは私には判断できませんが、面白い存在では。

他の阪急杯組みでは、エーシンリジルトウカイミステリーが穴では。
  両馬とも北九州記念から同じローテーションでの参戦。
 北九州記念では1・2着で前走も9・10着と仲良くゴール。
 特にトウカイミステリーは安田厩舎は他の3頭が人気ですが、
 唯一後方から突撃してくるこの馬はかなり面白い存在だと思います。
 北九州記念で後方から勝利しているように中京なら3着を狙えそう。
 血統も1200ならのマッチェム系持ちで父キングカメハメハのTurn-to系なしが面白い。

そして安田厩舎のおそらく1人気ロードカナロア
やはり不安材料は前傾ラップになるこのレース。
今回はいつものような上がりは出せませんし、
このタイプのレースの経験がない上でどの程度対応できるのか。
これで勝つには相当の壁があるような気がしますが・・・
それでも期待も含めて重要な一戦ですね~
同じく安田厩舎2人気カレンチャンも前走オーシャンSのような形になりそうな
今の中京でどの程度挽回できるか気になるところです。
この2頭ともTrun-to系を持っていないだけに先週の血統傾向を見る限りは
Turn-to系の馬が狙い目かもしれませんね~

かなりタフで厳しいレースになりそうなだけに
少しのアドバンテージでも効き目を発揮しそうです。
枠は外枠がかなり優位なのは間違いないようで、7・8が馬券にかなりなっていました。
さあ7・8枠にはどの馬が入るのか。

今週は日曜に絞って勝負予定です。
土曜は9歳を応援だけしようと思います。



[連携していただいているブログ様]
予想会社運営者の息抜き「1点馬券」
勝って楽しむ!負けない競馬論

コメント

PageTop↑

コメントの投稿


プロフィール

あす

Author:あす
2010年競馬スタート
素人予想6年目

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム