FC2ブログ

あちゃー、そして皐月賞。

2012.04.14(Sat) | EDIT

障害はまあいいとして、
アンタレスは連対2頭が見事にMr.Pro・SS持ちで決まったものの、
ゴルトブリッツはまあよしとしても、
2着がアイファーソング・・・
トーセンアドミラルはこの馬にハナを譲ってしまいました。
アイファーソングも父ソングオブウイング(Mr.Pro×SS)母も(DeputyM×Roberto)
でしたので血統的にも十分でした・・・
今日の傾向からも逃げる可能性のこの2頭からゴルトブリッツが当たりでした・・・

さあ明日の皐月賞。
過去の傾向通りなら1人気グランデッツァは厳しいことになりますが、
今日のレースから見るに馬場の回復具合にもよりますが、
外は有利に働きそうです。
何よりアグネスタキオン産駒であり過去のレースからも
この馬の大外はかなりメリットが大きいですね~
そしてもう1つ気になる点が、社台FとノーザンFの傾向。
桜花賞で社台F勝負ではない ノーザンF勝負だったように、
このレースは04年から
04 1着>社台F
05 1着>ノーザンF 2着>追分F(社台)
06 2着>白老F  3着>社台F
07 1着>ノーザンF 3着>ノーザンF
08 1着>社台F  2着>社台F
09 1着>ノーザンF 2着>ノーザンF
10 1着>社台F  3着>社台F
11 1着>白老F(サンデー) 2着>白老F

11年がサンデーRでノーザン系とみなすと
今年は社台Fが勝負の番になりそうで、
社台Fの本命であろうグランデッツァはこの点からもかなり有力か。
近年の傾向からは後一頭社台Fの馬と社台関係以外1頭で決まることになりますが、
データ上連対圏内なら前走トライアル権利を得たロジメジャー。
この馬は前走馬体重+のポイントからも面白いですが、
血統も母系Mr.Pro+Nijinsky持ちで今の馬場も十分こなせるでしょう。
まあどれもあくまで傾向の話になるので今年は違うことも十分ありえますが・・・

ちなみにノーザンFが勝負だとすると本命が難しいですね~
ワールドエース・トリップ・アダムスピーク・ディープブリランテ
どの馬も可能性がありそうですが、
やはり不安点は今の荒れた馬場であり、
内枠に集まったノーザンF組みがそれとあわせてどうなのか?ですね。

今の馬場と今日の血統、そして社台グループの意図を
もう一度考えてみたいと思います。



[連携していただいているブログ様]
予想会社運営者の息抜き「1点馬券」
勝って楽しむ!負けない競馬論

コメント

PageTop↑

コメントの投稿


プロフィール

あす

Author:あす
2010年競馬スタート
素人予想6年目

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム