FC2ブログ

皐月賞。

2015.04.19(Sun) | EDIT

9R鹿野山特別の結果を待ちたいところですが、
現状で一旦まとめておきたいと思います。

今の高速馬場が過去の傾向への変化にどう影響してくるか、
そこが難解さを増してる要因です。
基本的な部分を元に可能性を示唆していきたいと思います。

1着馬
サトノクラウン
リアルスティール
ブライトエンブレム
(出遅れない場合)
上記3頭は
ノーザンファーム
前走トライアル+叩き仕上げ+結果
重賞勝利あり
上がり実績

ノーザンファームがレースを掌握しているならば、
勝たせたい馬を中枠に配置し、
勝たせたくない馬を内外に配置したようにも見える枠順。
早い上がりで差してくる2頭が1,2番
1600実績の2頭が14,15番という配置。

実際リアルスティールの内にスピリッツミノルワンダーアツレッタが、
3番手以降に入りそうな馬がサトノクラウンより外という布陣。
綺麗に内外がやりにくいのでは?という配置になっているようにも見えます。

ブライトエンブレムに関しては万が一出遅れず、
前に出せるようならば一発面白いとは思いますが、
プレッシャーの上がる本番でうまくいくかどうか・・・

純粋にノーザンファームの想定通りにうまくいくと考えると
サトノクラウン・リアルスティールのワンツーを
狙っているであろうと予想されます。
あくまでも個人的想像ですがw

では、それ以下はとなると
上記2頭に自信があるならば非社台は3着が限界。
自信無く保険をかけてくるならば、2着にもチャンスがという形。
非社台では
クラリティスカイ
ダノンプラチナ

ノーザンファームが警戒している2頭。
勝ちはなくとも前目で勝負できる点は有力か。
クラリティスカイは血統がハマれば文句なし。
ダノンプラチナはディープが決まって、テンションが上がらなければ。

社台系では
ベルラップ
ベルーフ
ミュゼエイリアン

勝つためには減点がある3頭。
前で競馬できるベルラップとミュゼエイリアン
この2頭は前日のRobertoもポイントに。
ただ、調教がイマイチのベルラップ
前走が毎日杯のミュゼエイリアンということで2着以下に。
ベルーフも調教がもう一つ良ければ・・・
それでもエリカ賞・京成杯勝ちは優秀。

馬券が難しいんですよね・・・
このテクニックをもっと磨きたいところ。

馬単フォーメーション(ブライトエンブレムには馬連)
サトノクラウン
リアルスティール
から
ブライトエンブレム
クラリティスカイ
ダノンプラチナ
ベルーフ
ベルラップ
ミュゼエイリアン
以上14点

3連複フォーメーション
リアルスティール
サトノクラウン
ブライトエンブレム
内2頭から
クラリティスカイ
ダノンプラチナ
ベルーフ
ベルラップ
ミュゼエイリアン
以上16点

印は個人的思いを含めて
◎ブライトエンブレム(妙に嫌われてます出遅れないでw)
○サトノクラウン(中段差しがベストで枠ベスト)
▲リアルスティール(上記2頭がダメならこの馬)
★クラリティスカイ(非社台筆頭・美味しいオッズ)
△ベルーフ(調子次第)
△ダノンプラチナ(テンション次第)
△ミュゼエイリアン(社台Fの一発)
△ベルラップ(ノーザン最低人気も頑張って欲しい)

ドゥラメンテは3着に来られたら諦めますが、
先日申した通り、サトノクラウンとの関係性と
血統面での上がりタイプの偏り、
そしてローテーションの問題から消しで。

キタサンブラックは調教抜群で
今回もとは思いますが、
前走がすべて流れが向いた形であり、
今回揃った逃げ先行馬に実績不足を考えれば
逆転は確実であり、過剰人気として切ります。

考えられる悪いパターンは
ブライトエンブレムが来るも、リアルスティールもサトノクラウンも飛ぶパターン
キタサンブラックとドゥラメンテが連対するパターンですね・・・
ありそうで怖いw

あとは馬体重・9Rを見て調整を入れるなら随時更新します。

コメント

PageTop↑

コメントの投稿


プロフィール

あす

Author:あす
2010年競馬スタート
素人予想6年目

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム